Japan Time Management Association

JTMAについて

  • HOME »
  • JTMAについて

(名称)
第1条
本協会は日本時間管理術協会(以下協会)と称する。

(目的)
第2条
当協会は時間管理セミナーの開催、及び関連商品の普及活動によって、日本のビジネスマンのワークライフバランス、生産性、効率性の向上を図ることにより、個人や企業のビジネスの成長を加速することで、ストレスフリーで豊かな人生及び、社会の経済的な発展を目的とする。
(事業)
第3条
1.時間管理術のセミナー及びイベントの企画、運営、開催
2.時間管理術インストラクターの育成
3.企業及び団体への研修等
4.時間管理の啓蒙活動
5.関連商品の開発販売
6.その他協会の目的達成に必要な事業

(事務局)
第4条
協会の事務局はアナザーキッチン株式会社に置く。

(会員)
第5条
会員は修了者を持つ者及び、理事会の認める者を持って組織する。

(役員)
第6条
協会に次の役員を置く。
代表理事1名
理事4名以内
事務局長1名
1.代表理事は協会を代表し、協会を統括する。
2.理事は代表理事に協力して、本協会の運営を円滑に遂行する。
3.事務局長は、会費の徴収、議事録の作成管理、その他事務業を遂行する。

(役員の任期)
第7条
役員の任期はいずれも1年とする。

(入会)
第8条
協会に入会を希望する者は、協会の定めるプログラムを修了しなければならない。

(脱会)
第9条
会員が次の事項に該当する時は、会員の資格を失う。
1.本人からの脱会の申し出がある時
2.協会の名誉を著しく傷つけた時
3.協会の運営を妨げた時
4.規約に違反した時
5.その他協会が、会員として不適切と判断した場合

(細則)
第10条
本規約事項に必要な細則は理事会が定める。

(会員の権利)
第11条
日本時間管理術協会の名称、提供するノウハウを使用してセミナーを開催し、収益を得ることができる。

(会員の義務)
第12条
1.経費を納入する。但し、詳細は細則による。
2.協会の規約、細則を遵守すること。
3.会員は互いに協力して協会の発展に努めること。

(協会規則の発効)
第13条
本協会規約は、2016年1月1日より発効する。

お問い合わせ

PAGETOP
Copyright © 日本時間管理術協会  JTMA All Rights Reserved.